うつ病同性愛者が結婚 - 名も無き同性愛者(LGBT)が世界の片隅で声を上げる

うつ病同性愛者が結婚 – 北海道(札幌市)の三十路・レズビアン・うつ病という三重苦のさくやんが「籍を入れる」実録ブログ

LGBTについて うつ病小ネタ集

うつ病でも結婚したい~そう思った理由とは

投稿日:2017年10月18日 更新日:

Pocket





うつ病患者のパートナーは大変です。

自分の妻は普通の会社員ですが、

有給をとってごくたまに通院に付き合ってくれます。

そしてうつ期に入った時など、

のろのろ動く自分に合わせなければならないのです。

何故、それでも結婚したいと思ったか……

やはり年齢の問題もあると思います。

式をした時は30前にドレスを着せてあげたかったということ。

そしてパートナーシップ条例に挑む今は、30半ばです。

そろそろ、自分のために生きてもいいのではないか。

そう思ったのもきっかけの一つでもあります。

もちろん、幸いな事に居住地域に条例ができたことも一つありますが、

焦って一番乗りをするよりも二つの記念日に合わせ、

自分たちのための籍入れを選びました。

もちろん、結婚であって結婚ではないので、法的拘束力は何もありません。

しかし、携帯電話会社各社が家族割になど対応しているとのこと。

利用するかはまだわかりませんが、

社会の流れの中でそのような風潮ができてきているならば、

当事者同士として、動かねばならない。

そう思いました。

寛容というのか、道民気質なのか、

札幌市の条例には同性であることの決まりすらありません。

他の地域では同一住所である、などの阻まれる要因がありますが、

こちらにはそれもないのです。

やはり、チャンスだと思いました。

寛解間近のうつ病患者として、

夫として、妻に迷惑をかけてしまうかもしれない。

でもそれは建前であって、

自分がしっかりと生活していけば障害にはならないのではないか。

そう考えを改めました。

そして生活基盤を作っていくため、

自己投資をしネットビジネスという世界に入りました。

今月に入ってはなかなか更新ができていませんが、

グーグルさんと契約を結び、

師匠に倣いながら一歩ずつこれからの収入を安定させようと頑張っています。

うつ病という病を抱え、再発という危機に脅えながら暮らすよりは、

月に一万円でも安定した収入が確保されていたらいいですよね。

なので、目先の現金よりも自分は将来を考えました。

妻にとってこの選択が良かったのかは、まだ正直よくわかりません。

ですがブログを始め、調子の悪い時には皆さんがコメントをくださって。

幸せだなぁ、と思いました。

これからも少しずつ、頑張ってなんとか、

更新を続けていければいいなと思います。

どうか応援してくださいね。



アドセンス


アドセンス


-LGBTについて, うつ病小ネタ集
-,

執筆者:


コメントはお気軽にどうぞ。

関連記事

うつ病は孤独な闘い~周りのサポートが大事

うつ病の治療には、周りのサポートが必須です。 でないと孤独な戦いを強いられる事になり、更にうつ病が悪化しかねないからです。 実は自分もそうでした。 正確に言うとストレス原因の方と一緒に暮らしていました …

パートナーシップ法に向けて!さくやんの挑戦が今始まる

パートナーシップに向けて さくやんは地元である札幌市で、パートナーシップ宣誓というものを12月にやろうとしています。 北海道札幌市は要綱によってパートナーシップ宣誓が行える第6の都市です。 東京都渋谷 …

これだけは知ってほしい!自殺しないための気持ちのそらし方

精神疾患、うつ病には自殺問題がちょろちょろとついてまわります。 希死念慮というのですが、死にたいくらい苦しいと思う気持ちにさせてくる厄介な病だからです。 その苦しい原因は多岐に渡ります。 金銭面、精神 …

うつ病のサイン・・・どこかで自分は関係ないと思っていませんか?

自分は大学の時に本格的にうつ病を患い、一年留年ののち大卒フリーターとして生活しています。 自分がおかしいんだろうな、という自覚はありました。 というよりも、既にその兆候は中学時代からという昔からあった …

うつ病から幸せに!ではなくうつ病でも幸せになりたいと思う時!

一病息災という言葉がありますよね。 そりゃあ無病息災の方がいいに決まっていますが、 そういう方ほど病院に関わりなく、 あっさり命を落としてしまうパターンもあります。 健康という字は健が身体、康は心を指 …

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。