うつ病同性愛者が結婚 - 名も無き同性愛者(LGBT)が世界の片隅で声を上げる

うつ病同性愛者が結婚 – 北海道(札幌市)の三十路・レズビアン・うつ病という三重苦のさくやんが「籍を入れる」実録ブログ

LGBTについて

同性結婚ができる国一覧!2017年最新まとめ!

投稿日:2017年9月10日 更新日:

Pocket





次は海外の情勢についてみていきたいと思います。

2017年現在、同性婚ができる国一覧

オランダ

ベルギー

スペイン

ノルウェー

スウェーデン

ポルトガル

アイスランド

デンマーク

フランス

南アフリカ

アルゼンチン

カナダ

ニュージーランド

ウルグアイ

イギリス

ルクセンブルク

アイルランド

フィンランド

グリーンランド

コロンビア

米国(ニューヨーク州、カリフォルニア州、など)

メキシコ(地域による)

エストニア

ドイツ(施行予定)

マルタ(施行予定)

台湾(2019年より)

パートナーシップ、それに準じた制度がある国一覧

フィンランド

グリーンランド

イタリア

サンマリノ

アンドラ

スロベニア

スイス

リヒテンシュタイン

チェコ

ベネズエラ

エクアドル

イスラエル

ハンガリー

オーストリア

クロアチア

マン諸島

ジャージー諸島

ジブラルタル

エストニア

キプロス

ギリシャ

チリ

オーストラリア(州による)

2017年現在では以上です。

国家元首の政策により、明日はどっちだ感もあるのですが…

今論議が熱いのはドイツと台湾ですね。

アメリカは大統領や知事によって、

ころころと変わってしまうのでちょっと厄介なお国でもあります。

これはカトリックの教義によるところが大きい気がします。

旧約聖書に男性同性愛の記述があるのですが、

獣と交渉してしまうことと同一視されているので、

極端な例すぎると個人的には思うのですが…。

そう考えるとイスラエルに

パートナーシップ法制度のようなものがあるのは不思議な感じがしますね。

旧約聖書はイスラム教にも通ずるところがあるので、

そちらの方が偏見が強いのかなぁと思うところもあります。

そもそも結婚できない事に困る理由というのが、

法的に認められないことでさまざまな不利益が生じることなので、

結婚式がしたい云々の話ではなく、

異性カップルと同等の権利をくださいと言っているだけなのです。

結婚じゃなくて同棲ではダメなのかと質問には、

そっくりそのまま異性カップルさんに返したいです。

あなたは結婚を何故するのかという問いに答えられますか?

世間体、ではなくですよ。

やはり法律上の控除や同姓が名乗れるという利益がそこに生じているからなんですよね。

(夫婦別姓の問題はここでは別として)

優遇でも、特別扱いがしてほしいわけではないのです。

しかし、やはり頭が堅い方には難しいようで…。

日本の同性婚が早く認められることを願うばかりです。

それにはやはり、パートナーシップ法でじわじわと差を詰めていくのがいいのか、

当事者を政治に送り込むことがいいのか、悩みは尽きませんが。

とりあえず自分は、パートナーシップ、します。



アドセンス


アドセンス


-LGBTについて
-

執筆者:


コメントはお気軽にどうぞ。

関連記事

同性愛者の割合について~あなたが知らない世界

男性が女性を好きであること、 女性が男性を好きであること、 これを同性愛者の世界ではノンケと呼んだりします。 その気がない、から来ている言葉だと言われています。 さて、世の中の「普通」の皆様、 性的少 …

うつ病でも結婚したい~そう思った理由とは

うつ病患者のパートナーは大変です。 自分の妻は普通の会社員ですが、 有給をとってごくたまに通院に付き合ってくれます。 そしてうつ期に入った時など、 のろのろ動く自分に合わせなければならないのです。 何 …

あなたの身近な同性愛者!実はあの人も・・・

あなたの身近な同性愛者 と題しまして、カミングアウトしていらっしゃる日本人の方を一覧にしてみました。 日本人は圧倒的に男性が多いですね… 社会的地位のある方というと男性が多いので仕方ないのかもしれませ …

カミングアウトと自殺率(続・アウティングの悲劇)

さて、トランスジェンダーは自殺率が高いという話をしましたが、 LGBTの自殺率は高いのでしょうか? 日本の自殺率 2017年の厚生労働省調査によると、 日本はワースト6位、先進国の中でも最悪だそうです …

LGBTのTのお話。トランスジェンダーの秘密とは!

秘密のプロフィール 自分のことになりますが、実は自分はT要素を持ったレズビアンです。 何故それを最初に書かなかったかというと、 トランスジェンダーであることで受けた不利益がかなり少なかった故に、 はじ …

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。