うつ病同性愛者が結婚 - 名も無き同性愛者(LGBT)が世界の片隅で声を上げる

うつ病同性愛者が結婚 – 北海道(札幌市)の三十路・レズビアン・うつ病という三重苦のさくやんが「籍を入れる」実録ブログ

LGBTについて

カミングアウトと自殺率(続・アウティングの悲劇)

投稿日:2017年9月8日 更新日:

Pocket





さて、トランスジェンダーは自殺率が高いという話をしましたが、

LGBTの自殺率は高いのでしょうか?

日本の自殺率

2017年の厚生労働省調査によると、

日本はワースト6位、先進国の中でも最悪だそうです。

自殺者そのものはピーク時よりもゆるやかに下がっているものの、

事故死よりも多いという現状をどうお考えになるでしょうか?

しかしLGBTの自殺率は数字としては上がってきません。

それが原因で命を絶ったかということはわからないからです。

なので前述した一橋大学アウティング事件は世間に衝撃を与えました。

アウティング、カミングアウト……LGBTには悩みは尽きません。

カミングアウトによって、親、知人、職場と全ての居場所を失う可能性もあるからです。

寛容になってきた、と思えるこの時代でも自分はカミングアウトが怖いです。

それはやはり、子供を持つという選択を排除した故に親を悲しませるかもしれないということですね。

なので妻にもカミングアウトは強要していません。

妻には職場もありますし、孤独なレズビアンになってほしくはないので。

同性愛者がクローゼットにいる理由

それがLGBTがクローゼットにいる最大の理由かもしれません。

自分が最初にお話ししました、LGBTの相手に会ったことがあるか?

という問いはおそらくYESなのです。

気づかない、隠している、また気づかれないように隠している。

レズビアン当人でも相手がレズビアンかどうかわからないのに、

その気のない方が見抜けなくとも当然の事なのです。

LGはかなりの確率で身近な同性への切ない恋に身を焦がします。

同級生だったり、先輩だったり、後輩だったり、

仕事仲間だったり、ご近所さんだったりと人によって想い人は様々ですが、

みな一様に「はたして告白していいものだろうか?」という難問にぶつかって死ぬほど悩むのです。

自分と同じセクシュアリティの持ち主ならば、振られたとしても心の傷だけで済みます。

けれども、同性愛に悪質な偏見を抱いているタイプであったとしたら、

第二第三の惨事が起きてもおかしくはないのです。

そのような意味で、彼は勇敢だったのかもしれません。

しかし、LGBTは「生きる」べきです。

自分のようにブログで声を上げて権利を主張しなくともいいです。

けれど、生きてください。

確かにLGBTを取り巻く環境は甘いものではないです。

米国も同性婚で右往左往し、トランプ大統領政権下では抹殺されたとも噂されています。

しかしまだ協議する国があり、日本も動き出しています。

「あなたは一人ではありません」

メッセージ、お待ちしております。



アドセンス


アドセンス


-LGBTについて
-

執筆者:


コメントはお気軽にどうぞ。

関連記事

うつ病でも結婚したい理由〜甲斐性のない旦那でも生きていたいから

こんばんは、おはようございます、こんにちは。 12月のパートナーシップ法が迫ってきました。 一張羅でも用意した方がいいのだろうか…… そんな不安はさておき。 うつ病でもこんなに結婚に拘ってるやつって …

フォトウェディングのススメ!写真だけの結婚式の費用も実体験でぶっちゃけます!

最近は式、披露宴をせずにフォトウェディングで写真は残したいという要望を広く見かけます。 では実際にどのくらいの費用がかかるのか? 同性カップルの場合どんな問題が生まれるのか? 式を挙げたのは2012年 …

同性愛者の割合について~あなたが知らない世界

男性が女性を好きであること、 女性が男性を好きであること、 これを同性愛者の世界ではノンケと呼んだりします。 その気がない、から来ている言葉だと言われています。 さて、世の中の「普通」の皆様、 性的少 …

アウティングの悲劇~同級生の告発が命を絶った話

個人的に風化させてしまうのが嫌なので、アウティングが招いた悲劇の話をしたいと思います。 アウティングとは、同性愛者などに対して、 本人の了解を得ずに、公にしていない性的指向や性同一性等の秘密を暴露する …

最新ウェディングのCMに見る現代の結婚観!既に破綻した家制度とは

結婚という風潮? これはトレンドに入るのかわからないですけれど、 最近の結婚情報誌CMに笑ってしまった結婚したいレズビアンです。こんにちは。 結婚しなくても幸せになれる時代に、あなたと結婚して幸せにな …

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。