うつ病同性愛者が結婚 - 名も無き同性愛者(LGBT)が世界の片隅で声を上げる

うつ病同性愛者が結婚 – 北海道(札幌市)の三十路・レズビアン・うつ病という三重苦のさくやんが「籍を入れる」実録ブログ

うつ病小ネタ集

うつ病は孤独な闘い~周りのサポートが大事

投稿日:2017年9月27日 更新日:

Pocket





うつ病の治療には、周りのサポートが必須です。

でないと孤独な戦いを強いられる事になり、更にうつ病が悪化しかねないからです。

実は自分もそうでした。

正確に言うとストレス原因の方と一緒に暮らしていました。治るわけがないですよね(笑)

なので環境を変えるために、思い切って家出をしました。

家出といっても、別環境に身を置いただけで行方をくらましたわけではありませんでした。

そして今もその環境に滞在しています。

自分の場合は何度かのプチ家出を繰り返し、今の家の居候という立場に落ち着きましたが、

親御さんが理解のある方であれば引っ越しというのも一つの手かなと思います。

物理的に距離を置けば、見えてくるものもたくさんあります。

自分の主治医にも両親が悪影響であることは指摘されていましたし、家出する事に迷いはありませんでした。

うつになる方は真面目な方が多いので、家出ってそんな悪いことじゃないんだよって言いたいです。

少なくとも自分はストレス元から離れて生活したことでよい方向に向かいましたし、

家族だけが全てではないんです。

居候先の方々は自分の病気を知ってはいましたが、あまり触れずにいてくれるという寛大な方でした。

時にその寛大さから逸脱して暴走することはありましたけど、その時に間に入ってくれたりして穏やかな日々を過ごすことができました。

今では一番居心地の良い空間ですね。

一人暮らしではない分、人間関係の悩みはありますけれど。プチ家出、お勧めします。



アドセンス


アドセンス


-うつ病小ネタ集
-

執筆者:


コメントはお気軽にどうぞ。

関連記事

回復期の危険!動きたくても動けない時期とは・・・

うつ病にかかって、気分が少し良くなって動けるようになり、 このまま治るのではないかと思ったことはありませんか。 それを回復期といいます。 実はそれが落とし穴で、うつ病というのは波のように回復するのが一 …

睡眠障害とうつ病!避けては通れない現実とは

この病気の上で必ずと言っていい程に出現するのが睡眠障害です。 睡眠障害とは、夜眠れないだけでなく 昼に眠くなるといったものも含む広義の言葉です。 なので、昼夜逆転生活をしている方も中にはいると思います …

うつ病は同族嫌悪?全てのうつ病を理解できないわけとは!

ちょっと永遠のテーマに足を突っ込んでしまった気がしますが。 これについてお話ししていきたいと思っております。 うつ病が難しい病だと言われているのは、いくつか理由があると思っています。 一つは脳科学的な …

うつでお風呂がつらい?衛生観念と無気力!

うつ病でお風呂がつらい事ってありませんか? これは実際の話ですが、 mixiには「うつでお風呂がつらい」というコミュニティが存在します。 確かに、抑うつ状態の時は湯船に浸かることがとてつもなく高いハー …

精神科医の見分け方!人それぞれの道がある!

精神科の場合、特に気をつけたいことは先生との相性があります。 どんな医者を選ぶべきか? 別の人には合わない医者でも自分には良かった、という話も聞きます。 だから一か所が駄目でも、通院自体をやめてしまう …

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。