うつ病同性愛者が結婚 - 名も無き同性愛者(LGBT)が世界の片隅で声を上げる

うつ病同性愛者が結婚 – 北海道(札幌市)の三十路・レズビアン・うつ病という三重苦のさくやんが「籍を入れる」実録ブログ

うつ病小ネタ集

うつでお風呂がつらい?衛生観念と無気力!

投稿日:2017年9月28日 更新日:

Pocket





うつ病でお風呂がつらい事ってありませんか?

これは実際の話ですが、

mixiには「うつでお風呂がつらい」というコミュニティが存在します。

確かに、抑うつ状態の時は湯船に浸かることがとてつもなく高いハードルに見えていました。

お風呂に入ることは普通?

普通に働いている人であれば、

シャワーや入浴、洗髪などは日々当たり前にこなしている事だと思います。

しかし、うつ病患者にはそれができません。

まず、準備に気力を使い、湯船につかるだけで体力を消耗してしまい、

髪を洗うとなるともう一段階腰を上げなくてはいけなくなり、

更に乾かすという作業が加わると、フルコースを終えたあなたは他に何もできなくなってしまうのです。

これは体力と衛生観念の低下が関係していると思われるのですが、抑うつ状態によく見られる症状です。

なので、衛生観念の低下→お風呂に入れない外に出られないという悪循環が発生します。

うつ病患者には完璧主義者という人も多いので、お風呂に入れない事で自分を責めている人も多数存在しており、

患者が自分の意思でお風呂に入れたら周りの方は褒めてあげてください

自信にも繋がりますし、一つの達成感をもたらします。

だからといって、毎日できるとは限りません。

自分が回復してきた時は、深部体温を上げる為と言い聞かせてぬる湯に浸かっていましたが、

そう長くもない髪を洗うには相当の勇気が入りました。

やはり乾かしたり、そのまま寝てしまったらという先の事を考えると不安になってしまうんですよね。

これは当事者にならないとなかなかわからない感覚かもしれません。

健常者は一連の行動が生活リズムに組み込まれています。

そのリズムが狂った状態がうつという病気なので、新しいリズムを構築するのは難しいと理解してもらえればいいと思います。

髪を洗うのはめんどくさい、でも仕事だから→できる。髪を洗うのは億劫だ、でも仕事だけど→できない

できない事を許してもらうのがうつ病患者には有効なので、頭の片隅にでもあれば幸いです。



アドセンス


アドセンス


-うつ病小ネタ集
-

執筆者:


  1. マッキー より:

    sakuyanさん ごきげんよう。
    お風呂に入るって結構なエネルギーが必要ですが、
    うつ病の方にはかなりの負担になる動作なんですね。
    ”できたら、褒める”、”できなくても、許す”の気持ちをもって
    接することが大切だと学ばせて頂きました。
    ためになる情報をありがとうございます。

    • sakuyan より:

      マッキーさん、こんばんは。
      mixiのコミュニティでは、今日はどこまでいけたか?などの報告が飛び交っているので、自分だけじゃないんだなと痛感している次第です。
      無気力になるということは自分自身にも無関心になるということなので、それが原因なのかな・・・と思っています。
      できなくても許す、大変なことですけど許してやってくださいね。

マッキー にコメントする コメントをキャンセル

関連記事

うつ病は同族嫌悪?全てのうつ病を理解できないわけとは!

ちょっと永遠のテーマに足を突っ込んでしまった気がしますが。 これについてお話ししていきたいと思っております。 うつ病が難しい病だと言われているのは、いくつか理由があると思っています。 一つは脳科学的な …

うつ病と食事!コーヒーか緑茶か?

近年、海外の研究などでうつ病に対する食事の重要性が 取り上げられてきている事をあなたはご存知でしたか? 食生活は生活の基礎となるものなので、 三食バランスの良い食事を心がける事が一番なのですが、 それ …

うつ病は孤独な闘い~周りのサポートが大事

うつ病の治療には、周りのサポートが必須です。 でないと孤独な戦いを強いられる事になり、更にうつ病が悪化しかねないからです。 実は自分もそうでした。 正確に言うとストレス原因の方と一緒に暮らしていました …

危険な入院生活~閉鎖病棟の恐怖

閉鎖病棟の生活 数年前の話になります。 実親との軋轢、パートナーと上手くいかなくなった自分は自家中毒を起こし入院しました。 その時の話です。 普通措置入院となると、開放病棟が一般的だと思いますが、 自 …

読書ができない!?うつ病と回遊魚の思考

こんばんは。 今日は原点に立ち返り、 うつ病初期に出た実体験をお話したいと思います。 本格的にうつ病になる前、 我が家は本でいっぱいの家でした。 両親ともに本好きで、 自分も家の反対がなければ文学部を …

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。