うつ病同性愛者が結婚 - 名も無き同性愛者(LGBT)が世界の片隅で声を上げる

うつ病同性愛者が結婚 – 北海道(札幌市)の三十路・レズビアン・うつ病という三重苦のさくやんが「籍を入れる」実録ブログ

うつ病小ネタ集

うつ病を治そう!遊んで治す行動編

投稿日:2017年9月19日 更新日:

Pocket





それではうつを治す方法について、少しずつ書いていきたいと思います。

確かに辛い時もありますが、辛くない時でいいんです。

一緒に行動していきましょう。

まずは散歩から

スマホに歩数計(アプリでも可)を用意してください。

ひとまず陽の光を浴びることが大切です。

この時期は熱中症対策は万全にしてください。

服薬によって、日光に弱くなっていることも考えられるので、

スポーツドリンク、日傘、ありとあらゆる対策を講じてください。

そして取り出すのはスマホです。

何をするかというと……ポケモンGOです。

え、って思う方もいっぱいいらっしゃると思います。

死亡事故も起きている危険なゲームという認識もあるかと思いますが、

画面を見続けている必要はありません。

とりあえずポケモンGOを起動して移動することから始めてください。

実際の自分のデータ

レベルは高くもなく低くもなく、といったところでしょうか。

バスで移動とかの際にも起動していたので、このようなものでしょう。

で、ポケモンGOを実際にやった時の運動量がこちらです。

これは治りかけの時の数値なのでぎりぎりまで動いていますが、

人間は一日に8000歩歩けばいいと言われています。

それ以上はあまり変化がないそうです。

なのでぎりぎりの所でやめています。

で、ポケモンGOのやり方なのですが、まずはアプリをインストールしましょう。

ポケモンGOを遊ぶ(プレイする)には、スマートフォンへアプリのダウンロードが必要です。

ポケモンGOのアプリは基本プレイ無料(一部アイテム課金あり。)で、

対応OSは「ios/Android」となっています。

ios搭載のスマートフォンは【iTunes Store】にて、

android(アンドロイド)搭載のスマートフォンは、【Google Play ストア】にてダウンロードが可能となります。

ポケモンGOを遊ぶには

Google(グーグル)かポケモントレーナークラブのアカウントの登録が必要になっています。

Google(グーグル)アカウント作成時の注意点としては、13歳未満は作成が出来なくなっています。

13歳未満のポケモントレーナーがアカウントを作成するには、

先ず親がポケモントレーナークラブのアカウント作成をする必要があります。

その後、親の同意を得る形で13歳未満のポケモントレーナークラブのアカウントが作成可能となっています。

赤、青、黄のどのチームに入ってもあまり関係ありません。

あなたの目的はポケモンを探して動くことです。

屋内、屋外も問いません。

が、何度も言いますが画面を見続けることはやめてください。

歩きスマホは推奨されていませんし、思わぬ事故に発展する恐れもあります。

注意してください。

バイブレーションでポケモンが確認できたら、

人とぶつからない所に避難してください。ポケモンは逃げません。

それから、捕獲の準備に入ってください。

ポケモンGOのよいと思うところはやはり、

現実世界にリンクした地図の正確さです。

あなたは歩いているだけでポケモンに遭遇できますし、

道に迷うということがあまりないでしょう。

お勧めは公園内などでしょうか。

ポケストップもたくさんあり、事故が少ないです。

そして、終わったらスマホの歩数計アプリをチェックします。

それをスクリーンショットか、日記に書きましょう。

最初は2000歩くらいでも全然構わないです。

あなたが動けたという事実が、達成感を生むでしょう。

どうでしたか?

最初はログインボーナス目当てでもいいです。

実際に自分はポケモンGOで昼間に活動することができ、

不眠にも役立ちました。

もしあなたが、試してみる価値があると思えば幸いです。



アドセンス


アドセンス


-うつ病小ネタ集
-

執筆者:


コメントはお気軽にどうぞ。

関連記事

回復期の危険!動きたくても動けない時期とは・・・

うつ病にかかって、気分が少し良くなって動けるようになり、 このまま治るのではないかと思ったことはありませんか。 それを回復期といいます。 実はそれが落とし穴で、うつ病というのは波のように回復するのが一 …

うつ病は孤独な闘い~周りのサポートが大事

うつ病の治療には、周りのサポートが必須です。 でないと孤独な戦いを強いられる事になり、更にうつ病が悪化しかねないからです。 実は自分もそうでした。 正確に言うとストレス原因の方と一緒に暮らしていました …

読書ができない!?うつ病と回遊魚の思考

こんばんは。 今日は原点に立ち返り、 うつ病初期に出た実体験をお話したいと思います。 本格的にうつ病になる前、 我が家は本でいっぱいの家でした。 両親ともに本好きで、 自分も家の反対がなければ文学部を …

危険な入院生活~閉鎖病棟の恐怖

閉鎖病棟の生活 数年前の話になります。 実親との軋轢、パートナーと上手くいかなくなった自分は自家中毒を起こし入院しました。 その時の話です。 普通措置入院となると、開放病棟が一般的だと思いますが、 自 …

うつ病から幸せに!ではなくうつ病でも幸せになりたいと思う時!

一病息災という言葉がありますよね。 そりゃあ無病息災の方がいいに決まっていますが、 そういう方ほど病院に関わりなく、 あっさり命を落としてしまうパターンもあります。 健康という字は健が身体、康は心を指 …

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。