うつ病同性愛者が結婚 - 名も無き同性愛者(LGBT)が世界の片隅で声を上げる

うつ病同性愛者が結婚 – 北海道(札幌市)の三十路・レズビアン・うつ病という三重苦のさくやんが「籍を入れる」実録ブログ

うつ病小ネタ集

うつ病は同族嫌悪?全てのうつ病を理解できないわけとは!

投稿日:2017年10月5日 更新日:

Pocket





ちょっと永遠のテーマに足を突っ込んでしまった気がしますが。

これについてお話ししていきたいと思っております。

うつ病が難しい病だと言われているのは、いくつか理由があると思っています。

一つは脳科学的な研究が進んでいないこと。

一つは、全く同じうつ病は二つとしてないからではないか……と実は思っています。

それが完治するための絶対的エース級の薬剤がないことの証明ではないでしょうか。

医者の相性以前に、抗うつ薬はたくさんの種類があります。

あなたをつかまえて、服薬しているお薬を聞いたとしても、

おそらくは自分とは違う処方なのです。

例えば風邪であれば、咳から、喉から、熱から、

ある程度の絞り込みで薬を選ぶことができます。

うつ病には現時点でそれがないのですよね。

もっと時代が進めば、自分が通ってきた道のように新しい薬剤が開発されるでしょう。

常に最新の薬を使ってきた自分は、それがわかっています。

このブログの話も遠い昔話になることでしょう。

しかし、それも一個人の脳を調べても多くの被験者を使っても、

モノアミン受容体は一人一人形が違います。

合う薬も違います。

合う医者も違います。……長期化するわけですよね。

それを探しているだけで時が経ち、

うつ病という病に戦うことに疲れ果て、未来を諦めてしまう。

そういう深刻な病気なのです。

健康な人のうつっぽいとはわけが違いますし、

時には命を左右される病気なのです。怠け病だなんてとんでもないです。

だからこそ、あなたの病状の全てを自分が理解することはできないです。

だけれども、どこかで共通項があると自分は思っています。

それは怠いという小さなことかもしれません。

でも自分はそれを見つけて、あなたを少しでも理解したいと思っています。

一人では、ないです。あなたは一人ではないです。

だから、枯れていくだけと希望は捨てないでほしいです、まだ。

諦めたら、そこで試合終了です。

まだ人生というロスタイムが残っている以上は、諦めないでほしいのです。

自分は閉鎖病棟という荒療治から、帰ってきました。

今となっては、いい思い出です。

思い出にするには時間がかかります。

その分だけでも、生きてください。

綺麗事だと、自分でも思います。

けれど、ここまで読んでくださったあなたは、諦めないと信じています。



アドセンス


アドセンス


-うつ病小ネタ集
-

執筆者:


  1. ぴーちゃん より:

    はじめまして!家族に鬱病患者がいる私には、少し気持ちが楽になりました。こういった情報は、わかりやすく書いてあるのがすくないので、さくやさんの書いて下さって助かりました。ありがとうございます!

    • さくやん より:

      ぴーちゃんさん、こんばんは。
      それはよろしゅうございました。
      よかったら、またいらしてくださいね。

コメントはお気軽にどうぞ。

関連記事

うつ病のサイン・・・どこかで自分は関係ないと思っていませんか?

自分は大学の時に本格的にうつ病を患い、一年留年ののち大卒フリーターとして生活しています。 自分がおかしいんだろうな、という自覚はありました。 というよりも、既にその兆候は中学時代からという昔からあった …

うつ病久々の通院~血液検査も添えて

10月になり更新が不定期で申し訳ないです。 秋の気候、すごく滅入りますね……何の病気かには関わらず、辛い時期御察しします。 久しぶりの通院 予約が嘘のように待ちました。精神科あるあるですね。 何故にこ …

読書ができない!?うつ病と回遊魚の思考

こんばんは。 今日は原点に立ち返り、 うつ病初期に出た実体験をお話したいと思います。 本格的にうつ病になる前、 我が家は本でいっぱいの家でした。 両親ともに本好きで、 自分も家の反対がなければ文学部を …

やる事は山積なのに、やる気が出ない時の対処法

こんばんは。 やらなきゃいけない事はたくさんあるのに、 やる気が出ない時はありませんか? そういう時、 うつ病者は自分を追い込んで責めてしまいがちです。 現在の自分がそうです(笑) これは割と昔からな …

うつ病でも稼ぐ力と今後の運営方針

おはようございます。 昨日は少し足が痛くなるほど歩いてしまって、爆睡していました。 なので今日は朝からお届けします。 自分のこと 自分はまだ完全に寛解したわけではないので、 体力低下がすさまじいです。 …

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。