うつ病同性愛者が結婚 - 名も無き同性愛者(LGBT)が世界の片隅で声を上げる

うつ病同性愛者が結婚 – 北海道(札幌市)の三十路・レズビアン・うつ病という三重苦のさくやんが「籍を入れる」実録ブログ

LGBTについて

最新ウェディングのCMに見る現代の結婚観!既に破綻した家制度とは

投稿日:2017年9月13日 更新日:

Pocket





結婚という風潮?

これはトレンドに入るのかわからないですけれど、

最近の結婚情報誌CMに笑ってしまった結婚したいレズビアンです。こんにちは。

結婚しなくても幸せになれる時代に、あなたと結婚して幸せになりたいのです?

それは法的に結婚する事によって生まれる控除とか世間体とかも無視して言えますか?

でも逆に言い切ってますよね、日本の結婚制度は崩壊してる、と

崩壊してるのに少子化対策とか矛盾だらけのような気がします。

まずは安心して結婚と子供が生活できる環境を作る方が先のような。

独身(法的に)レズビアンには言われたくないと思いますが、

同性には選択の権利さえないですからね。そこを忘れないでいただきたく……

しかし、曲がりなりにも写真婚という形で結婚はしているので、

ゼクシィを見ないで言っているわけではないですよ。

ちゃんと読んだこともあります。読んだ上で言っていますのでご心配なさらず。

しかしですが、ゲイの方の本を読む拝読する機会があったのですが、

結婚制度が崩壊してるというのは、ご当人よりLGBT側の人間の方が詳しいかもしれません。

人一倍結婚や子供などの存在に悩んでいるというか、敏感に察知している結果でしょうか。

1995年に自分のバイブルであるマンガ「ニューヨーク・ニューヨーク」(羅川真里茂さん著)が

連載開始しているのですが、20年前には子供を持つという選択肢すら衝撃的でしたね。

(作中では施設から子どもを引き取って育てています)

母性がどうの、父性がどうの、片方の性別で育った子はおかしいとか、そんな時代でしたからね。

今はゲイのひとカップルさんに里親制度の認可が下りたとか、その程度ですよね?

20年前のマンガより日本は進化してないワケです、トホホ・・・

現代日本

でもなんというか、あのころ見た未来よりも不思議な曲線を描いた方向に日本は進んでますね。

LGBTを何か喋る不思議なものとして見ているような……

マツコ・デラックスの台頭にもそう思うんですけどね。

マツコさんは本業コラムニストですから、別に珍獣でもなんでもないんですが、

言動に育ちの良さが見られますよね。

そのお育ちの良さがお年寄りにもウケるところなのかなぁと思います。

結婚から話題が逸れてしまいましたね、すみません。

でももし万が一、マツコさんがLGBT活動をされたらすごいでしょうね。

絶対なさらないと思いますが、計り知れない影響力のある方ですから。

一介のレズビアンの憧れです。



アドセンス


アドセンス


-LGBTについて

執筆者:


  1. マッキー より:

    さくやんさん こんばんは。
    結婚制度は破綻していますよね。
    でも、結婚しなきゃという概念だけは根強くて、不思議ですね。
    世間の意識も年々、変わりつつあるので、
    LGBTの方々が心地よく過ごせる世界になる事を切に願います。

    • sakuyan より:

      マッキーさん、こんばんは!
      コメントありがとうございます。
      そうなんですよね…LGBTの結婚したい願いは叶えられないのに、世間の風当たりは強いですよね。
      台湾の例もあることですし、日本もそれに続いてほしいと思います。

コメントはお気軽にどうぞ。

関連記事

うつ病でも結婚したい理由〜甲斐性のない旦那でも生きていたいから

こんばんは、おはようございます、こんにちは。 12月のパートナーシップ法が迫ってきました。 一張羅でも用意した方がいいのだろうか…… そんな不安はさておき。 うつ病でもこんなに結婚に拘ってるやつって …

一日で復縁~パートナーシップに縛られない生き方

こんにちは、こんばんは。 大島薫さん復縁と相成ったそうでおめでとうございます。 記事にしてしまった以上、続報も書かねばなるまいと思いまして。 なんか他人の恋愛って難しいですね。 一日で復縁するなら涙の …

パートナーシップ法に向けて!さくやんの挑戦が今始まる

パートナーシップに向けて さくやんは地元である札幌市で、パートナーシップ宣誓というものを12月にやろうとしています。 北海道札幌市は要綱によってパートナーシップ宣誓が行える第6の都市です。 東京都渋谷 …

あなたの身近な同性愛者!実はあの人も・・・

あなたの身近な同性愛者 と題しまして、カミングアウトしていらっしゃる日本人の方を一覧にしてみました。 日本人は圧倒的に男性が多いですね… 社会的地位のある方というと男性が多いので仕方ないのかもしれませ …

うつ病でも結婚したい~そう思った理由とは

うつ病患者のパートナーは大変です。 自分の妻は普通の会社員ですが、 有給をとってごくたまに通院に付き合ってくれます。 そしてうつ期に入った時など、 のろのろ動く自分に合わせなければならないのです。 何 …

Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。